ウイスキーって何?



wisky...1




アルコール度数や樽の種類、熟成期間など、
ウイスキーの定義が国によって異なっていることは、あまり知られていない。



日本において、最低限守らなければならない規定は、
酒税法第3条に記載されている。



酒の種類で言えばウイスキーは、『蒸溜酒』に分類される。



蒸溜酒とは、ビールやワインなどの原料を発酵させて造った、『醸造酒』の過程に、
蒸溜という工程をプラスし、アルコール度数を高めたものを指す。



さらに、ウイスキーと呼ばれるためには、大麦を始め小麦、トウモロコシなど、
必ず穀物を原料としていること、オーク樽で熟成させることが必要だ。



例えば、穀物が原料で蒸溜する過程を踏むのは、
ジンやウオッカも同様だが、オーク樽で熟成させないので、ウイスキーにはならない。



オーク樽で熟成させることが、
ウイスキー独特の琥珀色をした酒を生み出すのである。



一方ブランデーは、オーク樽で熟成させるが、
原料がブドウなので、これまたウイスキーにはならない。



では、スコッチやバーボンなどウイスキーの中でどうやって違いを出すかと言えば、
熟成させる樽の違いで、個性を出していくわけである。



ウイスキーの語源は、ゲール語で、「ウシュク・ベー・ハー」、
要するに「生命の水」と呼ばれていたのが、時代と共に変化して、
ウイスキーと呼ばれる様になったのが定説だ。



最近はウイスキーを楽しむ人が少なくなったと言われているが、
そもそも、蒸溜酒は薬として用いられていたものである。



朝ドラ、「マッサン」のヒットもあった今、
たまにはウイスキーを楽しんでみるのはいかがだろうか。






コメントを残す