wisky...1



ウイスキーは、気候や地形など、その土地の特徴が、
大きく味に影響を与える、とてもデリケートな酒である。


世界中の様々な土地で製造されているが、なかでも、


・スコットランド
・アメリカ
・日本
・カナダ
・アイルランド


が、5大ウイスキー生産地として知られている。


蒸溜所が建てられている場所は、
澄んだ天然水が豊富な場所が、比較的多い。


5大ウイスキー生産地の内、年間の気温変化が少なく、
冷涼なスコットランドやアイルランドは、
ウイスキー造りに適した場所と、言えるだろう。


産地によって、ウイスキーの呼ばれ方や、
定義そのものも違うところが、ウイスキーの奥深いところだ。


特に、スコットランドの、『スコッチ・ウイスキー』 は、
味や個性の地域差が豊富で、ヘビーなものからライトなものまで、
多彩なウイスキーが揃っている。


スコッチの製造を模倣するところから始まった、
ジャパニーズ・ウイスキーも、今では、5大ウイスキーに、
数えられるぐらい成長を遂げている。


日本人の好みに合わせた、
スコッチよりも、飲みやすいところが特徴の1つだ。


アメリカの、『バーボン』は、独特の赤みを帯びた色と、力強い味わい、
アイルランドの、『アイリッシュ・ウイスキー』 は、ドライでライトなタイプが多いなど、
それぞれの国の定義で、多種多様なウイスキーを生産している。


たまにはおしゃれなバーに行き、様々なウイスキーを飲み比べることで、
それぞれの生産地に思いを馳せてみるのも、おつなものではないだろうか。