ウイスキーを使用したカクテル!



wisky...1



近年のハイボール人気から、ビールサーバーならぬ、
ハイボールサーバーを置く店が増えているのは、ご存じだろうか。


ウイスキーの楽しみ方は人それぞれで、中には、
「カクテルは邪道だ」と言う人もいるが、そんなことは気にする必要はない。


水割りやソーダ割りも、立派なカクテルの1つである。
ウイスキーベースだからこそ、美味しく味わえるカクテルだってあるのだから。


グッとストレートで味わいたい日もあれば、
カクテルでデザートの様に味わいたい日もある。


よく注文するカクテルが、実はウイスキーベースだったりもする。
ウイスキーの楽しみ方の1つとして、カクテルから始めてみるのもいいだろう。


ウイスキーを使ったカクテルは色々あるが、マティーニと並んで、
”カクテルの女王”と称賛されているのが、『マンハッタン』だ。


名前の由来は、1867年アメリカ大統領選を応援するパーティーで、
後のイギリス首相チャーチルの母親が、即興でオリジナルカクテルを作った。


その場所がマンハッタン・クラブであったところから命名された、
歴史のあるカクテルである。


名前からしてライやバーボンなど、アメリカン・ウイスキーを使用すると思われがちだが、
意外とカナディアン・ウイスキーを使う場合も多い。


そんなところもカクテルの面白さだ。


この他、映画の公開後すぐに誕生した、『ゴッドファーザー』など、
カクテルには、都市や映画の名前を模したものが結構ある。


ゴッドファーザーは、ウイスキーとイタリアを代表するリキュールの1つ、
”アマレット”を使用することで、映画の舞台であるイタリアの家族愛を表現している。


一度試してみてはいかがだろう。






コメントを残す